RL型圧着ハガキのご紹介

RL型圧着ハガキの形状

RL型」は返信面を持つ、いわゆる「往復はがき」の機能を持つ圧着ハガキです。
ハガキサイズ×6面の仕様で、第二種郵便(往信面・返信面各62)としての投函が可能です。

大切な情報を漏らさない圧着往復ハガキ

圧着ハガキファクトリーの「RL型圧着ハガキ」が通常の「往復はがき」と大きく異なる点は、
6面のうち2面が圧着面になっているという点。

お客様情報やID・パスワードなど、第三者に見られてはいけない情報を圧着面に記載することで、
大切な情報を漏らさずに発送することができます。

紙チャンネルでより多くの顧客へリーチ

QRコード等、「紙からWeb」へと誘導する施策も盛んになってきていますが、
ターゲットが中高年層の場合や商材によっては「紙から紙」でのコンバージョンが根強い場合も一定数存在します。

QRコードやTEL/FAX番号などに加え返信ハガキという物理チャンネルを設けることで、
顧客の取りこぼしを防ぐことができるのも
RL型の強みです。

まとめると・・・

圧着ハガキファクトリーのRL型は

・通常の往復はがきと同じ郵送料で6面の情報掲載領域
・うち2面は圧着面なので、大事な情報も掲載可能
・紙ベースに親和性の高いターゲットにもリーチする
といった強みを持つ圧着ハガキ商品です。

■RL型圧着ハガキの商品ページはこちら(同ページ下部に価格表も掲載)
https://ac-factory.com/goods/g_postcard/rlhagaki-2.html

【その1】あらかじめ宛名印字を行い、注文の手間を省くことでCV率アップ!

圧着ハガキファクトリーの「バリアブル印刷」技術を使い、
注文フォームのお客様情報欄にあらかじめお客様の氏名・住所を印字。

お客様は内容を確認し、切り取った返信ハガキに注文数量を記入して投函するだけで注文ができるんです。

注文までの手間を省くことでコンバージョンに繋がりやすくするだけでなく、
書き損じによる注文意欲の減退、受注機会の喪失を防ぎます。

また、受取人側の「手書き文字の判読が困難で再度問い合わせる」
などといったオペレーションコスト削減も期待できます。

圧着ハガキファクトリーの「バリアブル印刷」は、
宛名等のテキストだけでなく「画像の可変印刷」にも対応しております。
パーソナライズした紙面で「わたしのためだけのDMという消費者の心理を刺激し、施策の成功に繋げましょう。

【その2】活用例

・通販サイトで購入履歴のあるお客様に対し、ひとりひとり異なる前回購入商品画像を掲載。
前回購入への感謝を伝えることでリピート化を促進する「パーソナライズ・サンクスDM

・アンケート対象を顧客属性によってセグメントし、セグメントごとに異なる設問を可変印刷。
より精密な回答を獲得する
「バリアブル・アンケートDM

・定期点検のお知らせを顧客や設備ごとに可変印刷。
返信はがきには予めお客様の宛名を印刷し、
お客様には点検希望日のみ記入頂く仕様でレスポンスを上げる
「点検お知らせ&予約DM

などなど。

圧着ハガキファクトリーのバリアブル印刷サービス
「One To One DM」の詳細はこちら https://ac-factory.com/one_to_one_dm_acf

料金受取人払で郵送費をコストダウン!

返信ハガキの受け取りには、「料金受取人払」の申請・利用がお得です。

 往信+返信=計124円の郵送料が発生し、一通あたりのDMコストが高くなりがちな「往復はがき」。
「料金受取人払い」は、往復はがきの返信分の郵送料に関して

「返信のあった分のみの郵送料+手数料」を受取時に即納、もしくは後納できる仕組みです※。

 ※支払の方法により、手数料が変わります。 即納の場合→22/通 後納の場合→15/

 例として、「1,000通発送したうち100通の返送があった場合」を見てみましょう。

1,000通を通常投函した場合
往信(62円×1,000)+返信(62円×1,000)=124,000
→返信のなかった分(900通×62円=55,800)の郵送料がもったいない!

 ■料金受取人払いを利用した場合
往信(62円×1,000)+返信(62+15円※)×100=69,700
→返信のあった分+手数料のみの支払いの為、大幅なコストダウンを実現!

注意点としては、上記の場合の返信面には手数料が加算されている点。
通常の郵送料よりも15円高くなっているので、
返信通数が増えれば増えるほど、通常投函とのコストの差は縮まっていきます。
※上記の場合だと、分岐点は810通。

しかしながら、初めての施策等で大量の返信が見込めない場合や、
毎度の返信部数が5割を超えないといった場合などには心強い仕組みです。

一方、8割以上の返信が見込まれるアンケートや出欠確認のハガキ等の場合は、
料金別納等を検討頂くことをお勧めいたします。

 また、料金受取人払いのご利用開始には、申請より10日~2週間程度の期間を要します。
受取人払いのご利用をご検討の際には、スケジュールに注意が必要です

■RL型圧着ハガキの商品ページはこちら(同ページ下部に価格表も掲載)
https://ac-factory.com/goods/g_postcard/rlhagaki-2.html


※記事中の郵便料金は2019年9月現在のものです。


ご注文ガイド

お支払い方法

クレジットカード決済 代金引換 Paid
銀行前振込みからお選びいただけます。

Paid 掛け(後払い)対応中 詳しくはこちら

納期について

12時(正午)以降のご入稿は翌営業日からの納入計画となります。

対応アプリケーションについて

Adobeアプリケーション「illustrator」「Photoshop」についてはVer5~CCまで対応可能。それ以外のソフトはPDFに変換の上、ご入稿下さい。また、Office系のソフトの場合は事前にご相談ください。

データの作成方法についてはこちら

配送・配送料金について

原則佐川急便での配送となります。1箇所までの配送料金は商品価格に含まれます。(北海道・沖縄・一部離島は除く)また、代行納品も可能です。

配達日数など、詳しくはこちら

サイズ・テンプレートについて

各商品とも弊社テンプレートを使用してデータ作成をお願い致します。他社のテンプレートをご使用の場合、弊社で印刷ができない恐れがございます。

テンプレートダウンロードはこちら

色校正について

予算・品質にあわせて、インクジェット出力の簡易色校正と実際の用紙に印刷する本機色校正の2パターンをご用意しております。

料金などについて詳しくはこちら

営業日カレンダー

お問い合わせ窓口

フリーダイヤル0120-69-1032

scroll-to-top